お金を借りるのってやっぱ簡単に言いだせないよなぁ

昔、フリーターしてて一人暮らしだったころ、物凄く貧乏だった。働くよりも遊ぶ方に夢中だったから。
月末に家賃が払えないようなこともあり、その時の大家さんが良い人で、3か月くらい待ってくくれたのだ。

当時、何度かお金を借りようと実家に電話をかけた事があったが、やはり言いだせなかった。
お金を借りるのってやっぱり簡単に言いだせない。親にでも、いや親だからこそ、言えなかったのかもしれない。

友達なんかにはもっと言いだせない。お金の事って本当に頼みにくいし、頼まれた方も困るだろう。
その当時は、キャッシングなんかが今ほどメジャーじゃなかった。今では誰もが気軽に利用出来る。
ネットキャッシングなんかで来店しなくても借りる事が出来るのだから、便利だし簡単だ。

あの頃、そういうのがあれば借りていただろう。でも、何とか借りずにやってきたのだから、逆に無くて良かったのかもしれない。
キャッシングもそうだけど、今はなんでも便利で、ギリギリまで自力で頑張らずに便利なものに頼ることが多い。
便利な世の中になった反面、少し問題もあるなと思ってしまう。こんな考え方するのも、自分も歳を取ったということだな。